【若手税理士の仕事道具】ノートPC Microsoft Surface Laptop 2

税理士の伴 洋太郎(ばん ようたろう)@ban_tax240です。

当記事では、税理士業界(平均年齢60歳超)では若手(30歳代)に位置するワタクシが、業務で使用している道具をご紹介します。

今回紹介するのは ノートPC Microsoft Surface Laptop 2です。

使用している理由

どうせ使うならアガるものを

当事務所では、そのメリットを享受するため、PCはノート(ラップトップ)型を使用しています。

ノートPCを使うメリット
  • コンパクトで場所を取らない
  • 事務所での作業環境をそのまま持ち出せる
  • 気分転換で作業場所を変えられる
  • ガジェット所有欲を満たせる

所有欲を満たせるというのは、結構重要だと考えています。お気に入りの道具だとテンション上がりますもの。

それに肌身離さず持ち運べる分、デスクトップより愛着を強く感じる気がするんです。『愛車』も『愛機』も『愛馬』も、一緒に行動できるからこそ、そう呼ぶのでしょう。

当初はMacを使っていた

ちなみに。

税理士業務において、Windowsは絶対に欠かせません。業務アプリの多くがMacOS非対応であるためです。

当事務所で使用しているMacOS非対応のアプリ
  • 弥生会計(会計)
  • freee電子証明書連携アプリ(会計)
  • JDL IBEXクラウド組曲Major(申告書作成)
  • e-Taxソフト(電子申告)
  • PCDesk(電子申告)
  • freee電子申告アプリ(電子申告)
  • Docuworks(文書管理)

独立開業後しばらくは MacBook Pro(2017)にParallels Desktopをインストールして使用していました。

Parallels Desktopは、MacOS上でWindowsを使えるようにするやつです。

そりゃあもう、所有欲は満たしてくれました。見た目がいいんですよ、Macは。中身(GUI)にしても外身(外観)にしても。

またiPhoneとiPadも持っているので、Airdropが便利でした。

結局Winにした

しばらくルンルンで使っていたのですが、次第に苦痛を感じるようになります。

Mac上でWindowsを起動すると、冷却ファンがうなりをあげるようになっちゃったんです.めっちゃ発熱するし、うるさいし。

それに2つのOSをインストールしている分、ストレージ容量も食うんです。

 

んで結局

Windows必須なら、素直にWindows機買ったほうが楽じゃね?

と、本機に乗り換えた次第です。

特徴

以下、MacBookProとの比較を交えつつ、特徴を語ります。

手前側が薄いデザイン

本体の形状は、手前に向かって薄くなっています。

これが、結構いいんですよ。

手前に向かって薄くなっていることの利点
  • 段差が小さく、パームレストに手を置きやすい
  • ノートPCスリーブに入れやすい
  • 見た目がカッチョ良くて好き

MacBookProと比べると、その段差の違いがよくわかります。

Microsoft Surface Laptop 2

数ミリのことではあるのですが、使い心地はかなり変わるんですよね~。

アルカンターラ大好き

パームレストに使われている、アルカンターラ(スエード調の人工皮革)素材。

Surfaceシリーズ唯一無二の特徴です。

「汚れが付着しやすくて嫌だ。」とか「アルカンターラ廃止したら買ってやるよ。」などと言われがちなこの特徴。僕はすごく気に入っています。愛しています。

アルカンターラのお気に入りポイント
  • 見た目に可愛げがある
  • 手触りが気持ちいい
  • 本体の熱が手に伝わらない

一方MacBookProのパームレストはアルミ素材です。

排熱にも寄与していて、機能面では有利なのでしょう。反面、本体の熱がパームレストを通じて手に伝わりやすいのです。

使っていて気になる点の1つでした。

キーボードも好き

キーボードについても比較しました。

Microsoft Surface Laptop 2

SurfaceLaptopとMacBookPro キーボードの違い
以下、SurfaceLaptop2を『S』、MacBookPro(2017)を『M』と略します。
  • 打鍵音 
    Sはポコッ Mはペチッ
  • キーストローク 
    Sのほうが深い(Mはかなり浅い)
  • キーピッチ 
    同じ(19mm)だけど、Sのほうがキーが小さい
  • カラー 
    Sは本体と同じカラー展開、Mは本体色にかかわらず黒
  • 配列
    当然、違います。

好みではありますが、Surfaceのほうが好きですね。特に色が。

タッチパッドはMacBookProに劣る

これはね、完敗。

タッチ(トラック)パッドはMacこそ至高。

タッチパッドでMacに負けているところ
  • サイズ(小さい)
  • 感度(わるい)
  • 指の滑り具合(わるい)
  • 押し込んだときの感触・音(硬い・うるさい)

特にサイズの差は歴然たるもの。

Microsoft Surface Laptop 2

とはいえ、使っていてストレスが貯まるほどではありません。

普通に使えるんですが、Macが良すぎるんだなぁ。

事務作業向きディスプレイ

搭載されているディスプレイは13.5インチのみで、Macのようなサイズ展開はありません。

SurfaceLaptop2 ディスプレイの特徴
  • アスペクト比が3:2(縦方向に長め)
  • 2in1(タブレットモードになるやつ)でもないのにタッチ、手書き対応ディスプレイ
  • 光沢(グレア)液晶で映り込みが激しい

事務作業やブラウジングに限れば、3:2のアスペクト比は使い勝手がいいです。

縦方向にスクロールする機会が多いですからね。

Microsoft Surface Laptop 2

かたや動画の鑑賞には不向きと言えます。

タッチ、手書き対応なのも、事務処理向きといえます。

スクリーンショットにメモ書きしてメール送信したり、お客様に操作していただくときなどに使用しています。

ただし、画面を立てた状態でペンをあてなければなりません。とっても使いづらい。

また光沢液晶は映り込みが激しく、事務作業やブラウジングには不向きです。発色がいいので、コンテンツ鑑賞には向いているのでしょうが。

Microsoft Surface Laptop 2

アスペクト比やタッチ対応で指摘した「事務処理向き」という利点を弱めちゃってますよねえ。もったいない。

一方のMacBookProはといえば、美麗さが売りのretinaディスプレイ搭載です。アスペクト比16:10、タッチ非対応、光沢あり(ただし低反射)で、鑑賞寄りのつくりであると言えます。

Office2016がバンドルされている

Office Home and Business 2016のプロダクトキーが付属しています。

Microsoft Surface Laptop 2

普通に購入すると3万円くらいするものがついてくるのですから、結構おトク。ただし、インストールできるのは本機1台のみです。

Macには当然、Officeは付属していません。

そこで、サブスクリプション版のOffice365 Businessを契約していました。月額課金制が魅力だったのですが、オーバースペックといえる代物でした。

Office365 businessのオーバースペックなところ
  • AccessPublisherも使える(使わない)
  • PC(Mac)、タブレット、スマホで各5台、計15端末にインストール可能(1台しか使わない)
  • OneDriveストレージ1TBつき(使わない)

ということでOffice365は解約して、バンドルされたものを使っています。

Officeナシでいから3万円安くしてくれ、と思いましたけどね。否応なしについてきちゃいます。

まとめ

ノートPC Surface Laptop2についてお話しました。

ちょっと高め(消費税8%込み136,944円~)なのが難点です。

 

この記事を書いたひと

伴 洋太郎(ばん ようたろう)
伴 洋太郎(ばん ようたろう)税理士
愛知県西尾市にある伴洋太郎税理士事務所の代表です。1982年6月21日生まれ。クラウドを使った業務効率化の提案を得意としています。郷ひろみと間宮祥太朗とばくだんいわを合成したような顔をしている、と言われております。 税法免除大学院1年目に官報合格したという変わり種。freee"マジ価値"meetup!名古屋地区のリーダーです。既婚。詳しいプロフィールはこちら。
MENU CLOSE
伴洋太郎税理士事務所
https://ban-tax.com