ショートカットキーを日常的に使うためのハードルを、大きく下げられます。

Mac用神アプリ CheatSheet

税理士の伴 洋太郎(ばん ようたろう)@ban_tax240です。

 

事務作業の効率化のために、ショートカットキーの利用は欠かせません。

わかってます、わかっているんです。

でもね、覚えらんねえんだなコレが。

 

Control(^)やら、Option(⌥)やら、Command(⌘)やら

頭がフットーしそうだよおっっ。

 

そんな僕の救世主となったMac用神アプリ CheatSheet をご紹介します。

 

どんなアプリ?

CheatSheetの機能はとっても単純明快。

使用しているアプリのショートカットキーを教えてくれるのです。

 

ショートカットキーをど忘れしても安心な、まさに”Cheat Sheet”(虎の巻、あんちょこ)なのです。

 

導入方法

 

ダウンロード

まずは公式サイトからzipファイルをダウンロードします。

 

サイト自体は英語とドイツ語表記ですが、アプリは日本語対応ですのでご安心ください。

 

なおかつ、無料です。

 

インストール

ダウンロードしたzipファイルを解答し、中身のファイルをダブルクリックします。

CheatSheet

 

確認されるので、開くをクリックします。

cheatsheet

 

アプリケーションフォルダへ移動していいか聞かれます。

"Move to ~"をクリックすればインストール完了です。

CheatSheet

 

 

使用方法

 

実際に動作するところ

Command (⌘ コマンド)キーを長押しましょう。

使用しているアプリのショートカットキーを一覧表示してくれます。

キーから指を離すと表示も消えます。

 

その様子がこちら↓

 

 

おほほ。

めっちゃ簡単やん!

 

アプリ毎に変わる一覧表

 

表示されるショートカットキー一覧の内容は、その時点でアクティブなアプリによって変わります。

 

しかも、機能別にカテゴライズして表示してくれるんです。

 

Chromeの場合

cheatsheet

 

 

Finderの場合

cheatseet

 

 

Marseditの場合

cheatsheet

 

便利すぎるだろおい。

まさに神。

 

動作速度の設定

Command (⌘ コマンド)キーを押し始めてから、一覧表が表示されるまでの時間は設定変更することができます。

 

Screencapture 2018 06 28 22 07 13

 

一覧表右下の歯車マークを押して、”Delay”にあるスライドバーで間隔を調整します。

 

 

まとめ

神アプリ CheatSheet をご紹介しました。

 

似たようなショートカットキーが多すぎて覚えられんのじゃあ!!!

という僕のような方に、猛プッシュします。

おすすめの記事