freee"マジカチ"meetup!@名古屋#2のレポート

税理士の伴 洋太郎(ばん ようたろう)
@ban_tax240です。

クラウド会計freeeのファンコミュニティ、freee"マジカチ"meetup!の名古屋地区リーダーでもあります。

去る2019年7月25日に、名古屋地区の第2回meetupが開催されました。

愛知県を中心に東京や静岡から総勢24名の方に参加お申し込みいただき、とっても楽しくそして学び多い会になりました。

参加いただいた皆さまのおかげです。ありがとうございました!

当記事では、その様子をご紹介します。

またご参加いただいた@kazuaki_taxさんが、当日の内容をマインドマップ化してくださいましたので、あわせてご紹介いたします。

配布資料もない中、話を聞きながらここまで網羅的にまとめられるってスゴイ。どうやってんだろ。

さらにマインドマップツールにおこしてくださるとは。こりゃありがたい。

LT1 竹市会計事務所 竹市真由香さん
「20年以上利用し続けたソフトからfreeeへの全乗り換え、その険しき道

一人目のLT(ライトニング・トーク)は、岐阜県からお越しいただいた税理士、竹市真由香さん(@Mayuca317です。meetup!東京のリーダーでもあられます。

入場受付の際、ハイボールのロング缶を片手に握ってお越しになられたのが印象的でした。

会計・法人申告のソフトをfreeeへ切り替えたことで得られた効果と、その際にぶつかった壁、気づいたことなどを実感を込めて語ってくださいました。

竹市さんの事務所では20年間にわたって某MJSのシステムを利用していたそうですが、それをたった2年間でfreeeに総入れ替えしたんだとか。

会計だけじゃなくて申告もですって。すげー。

多くの障害にぶち当たった中、今回は特にプライシングに焦点をあててお話しいただきました。

「自計化を条件とした特別に安価な料金プラン」や「無料の導入支援」を行ったことで、freeeの導入自体は進んだそう。

その一方で、名ばかり自計や割りに合わない導入作業の負荷により、現場は疲弊していきます。

これではいかんと、値付け戦略を再考されたのだとか。

さらに、freeeの導入についてお客様にしっかり腹落ちしていただくために、会計事務所とお客様との約束事を契約時に明文化したとのこと。

そう、われわれ会計人が最良のパフォーマンスをご提供するには、お客様のご協力も欠かせないのです。

僕自身、お客様と顧問契約書を交わしているものの、個別具体的なやり取りについては口頭でのお約束にて対応いたしておりました。

明文化、やってみよう。

ご登壇くださり、ありがとうございました!

LT2 会計事務所プロースト 金子尚弘さん
「Zoomを活用した遠隔クライアントとのコミュニケーション」

2人目のLT登壇者は名古屋の開業税理士、金子さん(@innovator_nao)です。

NPOやソーシャルビジネスをされている方を積極的に支援しておられます。

オンラインミーティング&チャットツールであるZoomをつかって、遠隔地にいるお客様とやミーティングしている金子さん。

LTでは、そのメリットや実際の事例をご紹介いただきました。

金子さんは新潟県柏崎市や岩手県盛岡市にもお客様がおられるそうです。

どちらも事務所から片道5時間かかるそうで、毎月訪問するのはしんどい。また交通費を実費請求していることもあり、お客様も毎月訪問を望んでいないとのこと。

そこで、年に数回の現地訪問以外はZoomを使ってミーティングされているそうです。

Zoomのメリット
  • 指定のURLをクリックするだけでミーティングに参加できる
  • ミーティングの様子を録画して、Zoomサーバーに保存できる(有料版)
  • 2名までなら時間無制限で使える

とくに録画は便利そう。欠席者がいても当日の様子をシェアできるし、お客様対応の所内教材としても使えそうじゃないですか。

僕はこれまでお客様のfreee導入を遠隔で支援する際は、自分が操作する画面をお客様に共有してご覧いただいてました。使用しているのはGoogleのビデオ会議システムMeetです。

金子さんは逆で、お客様自身に操作していただき、その画面を金子さんに共有していただいているそう。

たしかに、ご自身で操作していただくほうが習熟が早そうですよね。

こちらでデモンストレーションして見せちゃえば手っ取り早いのですが、長い目でみれば得策では無いかもしれません。

次回のお客様とのオンラインミーティングで、さっそく試してみよう。

ありがとうございました!

LT3 名古屋の超有名税理士法人XのIT系税理士さん
「freeeのすきまの埋め方~マクロとAPIを用いた業務導線の整流化~」

3人目のLTはなんと、匿名希望の税理士さんです。

会場ではお名前も所属も明かしておられましたが、諸事情につきWebへの露出がNGとご要望たまわりました。

それでもLTやるよ!と名乗り出ていただいた心意気、めっちゃ嬉しかったです。

お客様がfreeeに対して抱く期待と、実装している機能とのギャップ(「freeeのすきま」と表現されておられました)をどう埋めていくかというお話をしていただきました。

クラウド会計に対しては(過度に)高い事前期待を持たれていることが往々にしてあるそうです。コイツを入れれば何もかも改善する!といったように。

ところが、クラウド会計単体で出来ることにはかぎりがあるわけで、事前期待が高ければ高いほど、実際の機能に失望し、怒りすら感じてしまう。

そこで匿名さんが取り組んだのが、ExcelマクロやAPI連携、FlileMaker(カスタムアプリを作成するソフトウェア)などの、クラウド会計の外側の仕組みを使った業務フローの整流化

その具体的な事例まで踏み込んでご紹介くださり、興味津々でした

まずはExcelマクロから初めてみよう、そううしよう。

そんな意欲を駆り立てられる、レベルの高いLTでした。

ありがとうございました!

えんたくん

各LTのあとには、参加者の皆さまで即席円卓「えんたくん」を囲み、LTを聞いた感想や気付き、意見などを話し合いました。

やはり皆さん、お聞きになられて思うことがたくさんあったようです。とっても盛り上げっていました。

懇親会

LTのあとは懇親会。

名古屋のご当地宅配ピザ、アオキーズ・ピザを囲んで乾杯です。

出会いにめぐまれ、みなさま方の普段の取り組みについても教えていただき、素晴らしく楽しい時間を過ごせました。

お付き合いくださり、誠にありがとうございました!

懇親会の終盤、次回meetup!でLTをやっていただける方を募ったところ、2名の方に快くお引き受けいただきました。

いやもう期待しかあらせん。楽しみだて。

まとめ

第2回freee"マジカチ"meetup!@名古屋の模様をお伝えいたしました。

第3回は2019年9月18日に、名古屋駅周辺にて開催予定です。イベント詳細が決まり次第、改めて告知いたします。

参加をご検討いただける方、ご興味を持っていただけた方は、ぜひfreee "マジ価値" meetup! @名古屋のFacebookグループに参加申請なさって下さい。

参加要件は以下のとおりです。(当てはまらない場合、参加をお断りする可能性がございます。)

Facebookグループ参加要件(次のいずれか)
  • 会計freeeもしくは人事労務freeeを認定アドバイザーとしてご利用中の方、又は今後認定アドバイザーとして会計freeeもしくは人事労務freeeを利用したいとお考えの方
  • 会計事務所にお勤めの方、社労士事務所にお勤めの方、監査法人にお勤めの方で独立検討中の方、経理代行業者など会計に関連する事業に従事している方

たくさんのご参加を、お待ち申しております!

この記事を書いたひと

伴 洋太郎(ばん ようたろう)
伴 洋太郎(ばん ようたろう)税理士
愛知県西尾市にある伴洋太郎税理士事務所の代表です。1982年6月21日生まれ。クラウドを使った業務効率化の提案を得意としています。郷ひろみと間宮祥太朗とばくだんいわを合成したような顔をしている、と言われております。 税法免除大学院1年目に官報合格したという変わり種。freee"マジ価値"meetup!名古屋地区のリーダーです。既婚。詳しいプロフィールはこちら。
MENU CLOSE
伴洋太郎税理士事務所
https://ban-tax.com