相続税47都道府県ランキング【平成29年版】

税理士の伴 洋太郎(ばん ようたろう)@ban_tax240です。

とある事情で税金クイズ大会なるものをプロデュースすることとなりまして、その過程で愛知県内の相続税の申告状況を調べる必要があったんです。

そこでなぜか謎のモチベーションに苛まれてしまい、全47都道府県について調べるに至りました。

せっかくなので当記事では、その集計結果をランキング形式で取り上げます。
皆様がお住まいの都道府県に注目してご覧くださいませ。

情報ソースは国税庁ホームページ

今回のランキング集計にあたり参照したのは,国税庁ホームページに掲載されているデータです。

国税庁、各国税局および沖縄国税事務所は毎年12月に、前年中に亡くなられた方(被相続人)にまつわる相続税の申告状況を公表しています。

たとえば福岡国税局。1枚のウェブページにまとまっていて見やすい。

 

今回は執筆時点(平成30年1月)の最新版である平成29年のデータをシコシコ手入力して、以下の2点についてランク付けしました。

  • 相続税のかかる割合
  • 相続税の平均納付額

相続税を支払う割合ランキング

以下は、平成29年中に各都道府県で亡くなったすべての方のうち、相続税の納税が必要な申告書の提出があった割合を計算し、順位づけしたものです。

相続税は、税金がかかる/かからないのボーダーラインを超えてしまった方にかかります。

ボーダーラインの高さ自体は相続人(配偶者や子供など)の数によって決まりますが、都道府県別に極端な差は無いのではないかと思います。

 

納税率の順位都道府県被相続人(死亡者)数【人】うち納税申告書の提出があったもの【人】支払割合【%】
1位東京都116,45118,81116.15
2位愛知県67,1779,37013.95
3位神奈川県80,35210,40912.95
4位埼玉県65,7646,70710.20
5位静岡県41,0784,0799.93
6位京都府26,4302,5919.80
7位奈良県14,4861,3899.59
8位兵庫県56,5844,9388.73
9位大阪府87,0827,5778.70
10位千葉県59,0095,1338.70
11位香川県11,8949978.38
12位広島県30,7952,5658.33
13位岐阜県22,9641,8077.87
14位群馬県22,5851,7047.54
15位福井県9,3476957.44
16位滋賀県13,0829617.35
17位岡山県21,6041,5817.32
18位栃木県21,8291,5707.19
19位石川県12,7279157.19
20位三重県20,5311,4387.00
21位徳島県10,2077126.98
22位富山県13,1619146.94
23位長野県25,6651,7696.89
24位和歌山県12,7728666.78
25位山梨県9,6786096.29
26位山口県18,7121,1486.14
27位愛媛県18,1481,0956.03
28位新潟県29,3231,7075.82
29位茨城県32,2601,8465.72
30位福岡県52,5303,0025.71
31位沖縄県11,9456765.66
32位宮城県23,8761,2895.40
33位福島県24,7781,2435.02
34位鳥取県7,5363474.60
35位高知県10,1504654.58
36位島根県9,6944144.27
37位大分県14,3986084.22
38位佐賀県9,9744164.17
39位北海道62,4172,6004.17
40位熊本県21,5888583.97
41位山形県15,3315993.91
42位岩手県17,2326553.80
43位宮崎県13,7494743.45
44位長崎県17,5155933.39
45位鹿児島県21,8337113.26
46位青森県17,5755102.90
47位秋田県15,4253662.37

東京都は別格として、愛知県が第2位という大健闘(?)。
意外だったのが大阪府の9位(思ったより低い)と香川県の11位(思ったより高い)でした。

なお、国税庁の公表した全国値は8.3%です。
表を見るに、上位10都道府県によって引き上げられた結果であることがわかります。

相続税の平均支払い額ランキング

以下は、平成29年中に相続税を支払うこととなった被相続人(死亡者)について、一人あたりの財産額と納税額を集計し、順位づけしたものです。

ボーターダインを超えた方たちの平均遺産額が多いほど、上位に位置することとなります。

納税額の順位都道府県被相続人1人あたり財産額【万円】被相続人1人あたり納税額【万円】
1位東京都17,7913,092
2位大阪府15,1872,243
3位兵庫県14,5612,208
4位神奈川県14,6662,002
5位愛知県14,2561,765
6位沖縄県16,1701,624
7位福岡県13,3491,575
8位北海道13,1441,558
9位広島県12,6411,493
10位京都府13,2721,472
11位千葉県12,7581,468
12位埼玉県14,7221,415
13位青森県12,4011,349
14位石川県12,7321,320
15位山形県12,3101,291
16位新潟県11,6051,289
17位福島県12,2801,267
18位岡山県11,7171,249
19位長野県11,7581,244
20位宮城県12,3191,242
21位滋賀県11,8821,228
22位宮崎県12,2831,212
23位富山県11,7111,205
24位熊本県11,9141,192
25位静岡県12,3961,162
26位山口県10,8411,099
27位徳島県11,5401,092
28位栃木県11,8151,076
29位高知県10,7161,060
30位茨城県11,6851,040
31位奈良県11,8821,037
32位愛媛県11,4511,029
33位佐賀県11,244990
34位福井県11,296984
34位島根県11,228984
36位岐阜県11,524972
37位群馬県11,455968
38位和歌山県11,053955
39位香川県10,793925
40位岩手県11,120917
41位大分県11,301914
42位三重県10,866908
43位長崎県11,003905
44位鹿児島県10,446900
45位秋田県10,944895
46位山梨県10,858838
47位鳥取県9,779650

東京が安定の1位。
国税庁の公表した日本全体としての実績は、財産額が13,952万円、納税額が1,807万円でした。上位の都道府県が全国値を引き上げているのも変わらずです。
支払割合で振るわなかった大阪(9位→2位)や沖縄(31位→6位)が上位に躍り出ているのも見どころでしょう。

支払う割合と支払額との開差

ここで課税割合と税額との開差が気になりましたので、各都道府県ごとに比較してみました。
順位は実数の僅かな違いでも差が出てしまうので、偏差値で比較します。

都道府県納税率【%】支払割合偏差値被相続人あたり納税額【万円】納税額偏差値偏差値の開差
北海道4.17411,55857▲ 16
大阪府8.70572,24373▲ 16
青森県2.90361,34952▲ 16
兵庫県8.73572,20872▲ 15
沖縄県5.66461,62458▲ 12
福岡県5.71461,57557▲ 11
山形県3.91401,29151▲ 11
宮崎県3.45381,21249▲ 10
東京都16.15833,09292▲ 9
熊本県3.97401,19248▲ 8
秋田県2.373589541▲ 7
福島県5.02441,26750▲ 6
宮城県5.40451,24250▲ 4
鹿児島県3.263890042▲ 4
新潟県5.82471,28951▲ 4
長崎県3.393890542▲ 4
高知県4.58421,06045▲ 3
佐賀県4.174199044▲ 3
岩手県3.804091742▲ 2
島根県4.274198444▲ 2
大分県4.224191442▲ 1
石川県7.19521,320510
広島県8.33561,493550
長野県6.89511,244501
茨城県5.72461,040452
山口県6.14481,099462
富山県6.94511,205492
千葉県8.70571,468552
岡山県7.32521,249502
愛媛県6.03481,029453
滋賀県7.35521,228493
徳島県6.98511,092465
神奈川県12.95722,002675
栃木県7.19521,076466
京都府9.80611,472556
鳥取県4.6042650367
和歌山県6.7850955437
山梨県6.2948838408
埼玉県10.20621,415549
福井県7.4452984449
三重県7.0051908429
群馬県7.54539684310
岐阜県7.87549724311
静岡県9.93611,1624814
香川県8.38569254214
愛知県13.95751,7656214
奈良県9.59601,0374515
支払割合と支払額とで偏差値の差が大きい都道府県
  • 支払割合に比して支払額が高い
    北海道、大阪府、青森県
  • 支払割合に比して支払額が安い
    奈良県、愛知県、香川県

北海道や大阪府、青森県では、域内の資産格差が大きいのではないかと思います。
ボーダーを越える人は少ないけど、越えた人たちの持っている財産額がでかいとか。
地下の高い都市部の住人とか、ごくごく少数のハイパー資産家とかが、平均遺産額を釣り上げてしまっている可能性があります。

一方で奈良県や愛知県、香川県は、小金持ちが多いといったところでしょうか。
ボーダーを越える人は多いけど、突出した金持ちは少ないというように。

まとめ

平成29年度版 47都道府県の相続税ランキングをお伝えしました。

だから何?と言われればそれまでなんですけどね^^;
税理士のマーケティング戦略立案に役立つぐらいでしょうか。

とはいえ、ここまで地域格差があることを知っている方は多くないと思います。
世間話のタネにお使いいただければ幸いです。

この記事を書いたひと

伴 洋太郎(ばん ようたろう)
伴 洋太郎(ばん ようたろう)税理士
愛知県西尾市にあるBANZAI税理士事務所の代表です。1982年6月21日生まれ。クラウドを使った業務効率化の提案を得意としています。郷ひろみと間宮祥太朗とばくだんいわを合成したような顔をしている、と言われております。 税法免除大学院1年目に官報合格したという変わり種。freee"マジ価値"meetup!名古屋地区のリーダーです。既婚。詳しいプロフィールはこちら。
pagetop
MENU CLOSE
https://ban-tax.com