【税理士解説】コピー代・プリント代の勘定科目、仕訳、消費税

税理士の伴 洋太郎(ばん ようたろう) @ban_tax240です。

コンビニのコピー機を使ったんだけど、その料金ってどうやって経理したらいいの?

そうお考えの方へ向けた記事です。

当記事では、コピー代やプリント代の経理処理について解説しています。

読んでいただくと、次のようなことが分かりますよ!

コピー代。プリント代について
  • 勘定科目
    「消耗品費」か「事務(用品)費」で登録します。
  • 消費税の課税区分
    「課税仕入」で登録します。

勘定科目は「消耗品費」か「事務(用品)費」で登録する

文具関連の経費として処理する

コピー代・プリント代は「消耗品費」で登録します。

消耗品費とは、つぎのようなものを言うためです。

消耗品費とは
  1. 文房具、用紙、包装紙、ガソリンなどの消耗品購入費
  2. 使用可能期間が1年未満か取得価額が10万円未満の備品の購入費

もしくは会計ソフトに「事務費」や「事務用品費」といったそれっぽい科目が用意されているのなら、それらでもかまいません

いずれにしても、ふだん文具を購入したときと同様に処理します。

コピー機の利用料は、文具の購入ではないでしょう?

という気持ちはわかりますが、そこは「文具の親戚みたいなもんだな~。」くらいな気持ちで割り切っちゃって結構です。印刷済みの紙を買ったようなもんですよ。

「雑費」はオススメしません

ピッタリ該当するものが無いときに使う「雑費」という勘定科目もあるのですが、コレはあんまりオススメしません

「雑費」って、パッと見で中身が想像つかないですからね。業績をモニタリングするにあたって、好ましくないのです。

またあんまり金額が大きくなっちゃうと、税務署や金融機関が見たときに

こりゃなんだ???

となりやすいのです。なんなら自分自身ですらも。

ま、たまのコピー代くらいなら問題ないんですけどね。塵も積もればとなんとやらと言いますし、なるべく使わないほうがいいです雑費は。

ココぞ!というときのために温存しておきましょう。

消費税の課税区分は「課税仕入」

コピー代やプリント代を会計ソフトに経費として登録するときには、消費税は「課税仕入」で登録します。

コンビニのコピー機も、役所のコピー機であっても、その利用料には消費税がかかるためです。

仕訳のしかた

ここでは、以下の2つのケースでの仕訳例を紹介します。

コピー代の仕訳例
  • 事業用の現金で支払ったばあい
  • 個人事業主がプライベートな財布から支払ったばあい

現金で支払った場合

【仕訳】
借方金額貸方金額
消耗品費100現金100

個人事業主がプライベートな財布から支払った場合

【仕訳】
借方金額貸方金額
消耗品費100事業主借100

まとめ

コピー代やプリント代の経理処理について解説しました。

コピー代・プリント代について
  • 勘定科目
    「消耗品費」か「事務(用品)費」で登録します。
  • 消費税の課税区分
    「課税仕入」で登録します。

この記事を書いたひと

伴 洋太郎(ばん ようたろう)
伴 洋太郎(ばん ようたろう)税理士
愛知県西尾市にあるBANZAI税理士事務所の代表です。1982年6月21日生まれ。クラウドを使った業務効率化の提案を得意としています。郷ひろみと間宮祥太朗とばくだんいわを合成したような顔をしている、と言われております。 税法免除大学院1年目に官報合格したという変わり種。freee"マジ価値"meetup!名古屋地区のリーダーです。既婚。詳しいプロフィールはこちら。
pagetop
MENU CLOSE
https://ban-tax.com