確定申告代行サービス

 

毎年3月15日が期限の、所得税の確定申告を代行するサービスです。

対象となるお客様

 

  • 税務署へ行って相談したり、自分で調べて申告するのは面倒
  • 時間がない
  • 間違った申告をしてしまわないか心配

 

という、次のような方

 

  • 土地や建物を売った
  • 給料や年金以外に副業収入(不動産賃貸・ネット通販など)がある
  • 2か所以上から給料をもらっている
  • 住宅を購入したので住宅ローン減税を受けたい
  • 多額の医療費を支払ったので、医療費控除を受けたい
  • 非上場会社から10万円を超える配当を受けとった
  • ふるさと納税のワンストップ特例の申請を忘れてしまった
  • その他、確定申告が必要な方

 

個人事業主様の確定申告については、取引規模の小さなものを除き、継続顧問契約サービスにて承ります。

 

 

サービス内容

 

お客様の税負担がなるべく少なくなるように確定申告書を作成し、申告期限を厳守して税務署へ提出いたします。

 

また作成する申告書には、税理士 伴洋太郎が代理作成している旨を記載しますので、適正な申告をしていることをアピールしていただけます。

 

申告書のお客様控えは原則としてPDFファイルでおこなっております。紙の申告書をご要望の場合には別途料金をいただいて対応いたします。

料金

 

基本料金

 

申告書1件につき 12,000円(税別)

 

オプション料金

 

上記基本料金に加えて、申告内容に応じて以下の料金が発生したします。(全て税別)

 

不動産譲渡 譲渡契約1件につき 18,000円
株式譲渡・配当所得 特定口座1口座につき3,000円 一般口座・非上場株式1銘柄につき3,000円
住宅ローン控除(初年度) 12,000円
医療費控除 6,000円
決算書作成(お客様で帳簿を作成済みの場合) 青色決算書24,000円 白色決算書12,000円
財産債務調書・国外財産調書の作成 6,000円
紙の申告書控えの作成 2,000円

 

確定申告サービスは、上記以外にもオプションが多岐に渡ります。

 

そこで、単発相談サービスにてお話を伺った上で、まず本当に確定申告が必要かどうかを判断いたします。

 

申告が必要だと判断された場合、税理士に依頼せずに処理する方法を検討した上で、料金の見積もりを提示いたします。

 

ご依頼から料金お支払いまでの流れ

 

まずはご相談ください

 

お客様のご要望と当事務所で提供できるサービスのミスマッチを防ぐためにも、まずは単発相談サービスへのお申し込みをお願いいたします。

 

ご相談内容に応じて、料金の見積もりを提示致します。

 

ご契約

 

相談後、ご依頼いただけることとなりましたら、確定申告サービスの契約書にご署名押印をいただきます。

こちらからサービスの契約を迫ることはございませんので、ご安心ください。

 

お支払い

 

契約後、当事務所指定の銀行口座へお振込をお願いいたします。

なお、振込手数料につきましては、お客様にご負担をお願い致しております。